碁盤の手入れ方法


碁盤は基本は水分と近づけないことが大事です。
そのため多少の汚れならば放置(笑)か、乾拭きで対処しましょう。


一番行けないのは水拭き→その後自然乾燥に任せることで、これをしてしまうとせっかくの椿油がとれてしまい、逆にカビが生えやすくなったり汚れがつきやすくなってしまいます。


どうしてーも汚れがついてしまった場合はできるだけ硬く絞った雑巾で優しく拭き、その後必ずカラ拭きしましょう。 また普段の保存手段としてはできるだけ温度変化の無いところ(冷暖房の近く、湿度が高くなるところ)は避けましょう。


普段の保存の場合折りたたみ碁盤ならば箱に入れておけばいいと思いますが、足つき碁盤は箱でもいいのですが布のようなものを被せればOKです。長期保存する場合も湿度があまり高くない、ひんやりとした場所に置いておくとよいです。


またかなりひどくなった場合は専門店に頼めば修理できるそうです(自分は頼んだことはありませんが…)。
見てみたところ2万円程度と盤に比べればそう高くないようなので、あまりにひどい場合は頼んでみるのも一つの手でしょうか。


碁石、碁笥は割と適当で良く(ヒカルの碁にもやり方が載ってますよね。)
洗って→新聞紙の上などで乾かせばOKです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。